予算を抑えるコンペ式とは?

予算が多額ならweb制作会社をコンペで選定すべき

ホームページを作りたいけど、どのくらい費用がかかるの?web制作会社を選定する場合、見積もりを要求して予算に合っているところと契約を結ぶというのが、一番簡単な選定方法ですが、web制作の実力が似通っていて、見積もりで提示された額も近く、決めきれないという場合もあります。
そういう場合は、コンペ方式で契約するweb制作会社を決めるという方法もあります。つまり、見積もりだけではなく、希望するイメージで実際にサイトを作成してもらい、その出来で決めるというやり方です。
コンペを行う利点は、なんと言っても、web制作会社の実力をリアルに見ることが出来るという点と、完成しているものから選べるという点です。特に後者の利点においては、web制作会社に依頼する時に起こりやすい、発注者と制作会社のイメージが共有出来ずに、発注者のイメージとはまったく違う物が作られてしまったという問題を完全に排除することが出来ます。いくつかの候補作の中から、イメージに一番近いものを選べるからです。
ただ、コンペ方式の問題は、必ずしもweb制作会社が話に乗ってくれるとは限らないという点でしょう。なぜなら、web制作会社からすると、もし選ばれなかったら作り損になってしまうからです。発注者がいいと思ったweb制作会社がほとんど手を引いてしまい、残った会社は一つか二つしかないということだと、コンペ方式にする意味がありません。
制作会社の多くが話に乗ってくるケースとしては、想定しているサイトの規模が大きく、予算も多額であるという場合です。このケースでは、選ばれなければ作り損になってしまうというリスクはありますが、選ばれた場合は大型案件を受注することが出来るので、自社の技術に自信のある制作会社がこぞって参加してくることが期待出来ます。また、予算が多い場合は、発注者側もミスが許されないので、いくつかのweb制作会社に実際にサイトを作ってもらった選ぶというやり方は好都合だと言えるでしょう。